So-net無料ブログ作成

学会に行った。子供をみてもらいながら。 [育児]

もう先々週のことになる。学会に行ってきた。

最初は参加を迷っていた。
開催場所までは、片道2時間半ほどかかる。
参加時間帯を絞っても、やはり朝出て夜まで留守にすることになる。
発表者でも委員のたぐいでもなく、気楽な参加者の立場だから、どうしても行かなければならないというわけではない。
子供も小さいんだから、無理しないで週末くらい一緒にいなさいよ、という声も聞こえてきそう。
(そう、日程は土日の2日間。なぜか、この学会を含め、多くの研究会類は、週末を潰して開催される)
でも、やはり参加すれば、情報も資料も手に入る。共同研究をしている仲間に会って、ちょっとした打ち合わせもできる。

この週は、夫も、勤務先で開催される学術会議の時期に当たっていた。
平日も遅くまで忙しい。週末もいない。

こども園の土曜保育に預ける? いや、最長午後5時までだからお迎えに間に合わない。しかも土曜日しかない。
学会の保育室を利用? いや、片道2時間半、しかも途中都心で乗り換えなければならないという移動を、子供と一緒に2日連続でというのは、子供にも私にも負担が大きすぎる。

結局、また、実家を頼ることになった。
母は、また、はるばる四国から来てくれた。
というか、母が前もって「今度いそがしいんはいつな? 手伝いに行くで」と言ってくれていなかったら、学会参加は断念していたにちがいない。

しかし、子供は日に日にイヤイヤが激しくなってきている。前回来てくれたときよりも、はるかに難しい。夫も私もいなくて、母一人で丸一日、子供の世話、体力的に精神的に大丈夫だろうか。
心配していたら、夫が土曜日は家にいられることになった。助かった。夫は忙しいながらも家庭的な人で、子供の面倒も家事の分担もいとわずにしてくれるので、居てくれると本当に心強い。
日曜日は私が早めに帰ることにした。

学会一日目、土曜日。子供が母と朝の散歩に出た隙に、さっと出発した。
学会会場では、数々の興味深い研究成果を聞き、研究打ち合わせも無事にすることができたが、最後のセッションは途中であきらめて、帰途に。
家に帰り着いたのは、子供の夕食後・お風呂前の時間帯だった。
子供は比較的機嫌もよく、私の顔を見るなりにこにこと大興奮で迎えてくれた。
案の定、だっこ攻撃だし、寝るのはママとじゃなきゃイヤだし、だった。しかし夫と母に支えてもらって、家事の負担なく子供をみられた。余裕ができると、甘える様子も一段とかわいく感じられる。

学会二日目、日曜日。
子供は朝から様子がおかしかった。
朝ご飯いらないと言い、好きなものも全部イヤと言い、うえーん、ママ、だっこ、を繰り返す。
しっかりと抱っこしてやると、少し落ち着く。
私が抱っこしていないと、泣く。
時間ぎりぎりまで抱いていたが、最後は母が抱っこを代わってくれて、振り切るようにして出発した。
この日は第一日よりもさらに早く学会会場を辞去し、明るいうちに帰宅して、少しでも子供の孤独の埋め合わせをした、つもりだった。

しかし、翌月曜日。
子供はまたいつになくわがままをし、泣き、甘えた。朝はなんとか登園したが、夕方帰宅した後は離れられいほどだった。母がまだ居てくれたからよかったが、そうでなかったら夕食も何もどうなっていたことか分からない。
火曜日、母は帰った。子供の状態はすこしましになったが、やはり尾を引いた。
水曜日、私なりに思い切って、一時間早く迎えに行った。
実は木曜日は夜まで研究会があり、夫に頼んだ。
これからも、子供から離れる日と埋め合わせを繰り返していくと思う。

母親の役割と言い、一方で男女共同参画と言う、そのあたり思うこともあるけれども、そんなに突き詰める暇もないし、今は流して先に進む。
そんなことよりも、まわりの協力や理解があって、仕事ができていることに感謝。ありがとう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな週もある [育児]

家族そろって熱を出した。

木曜日に子供を迎えに行くと、保育士先生から「ちょっとお熱が」と伝えられた。帰る直前に微熱が出てきたらしい。
金曜日、朝から38度台。

実は私、次の木曜日に仕事上の重要な予定を抱えていた。
新しい所属先で、月に1回、領域の教員・院生が全員集まる公開研究会で、発表をすることになっていたのだ。

この日は、夫と半日ずつ交替することにした。夫が昼前まで一人で子供を見ている間に、私は大学で仕事。昼前に帰宅し、昼食をすませて、夫は研究所へ。
うん、よかった。半日とは言え、集中して、仕事ができた。夫が仕事に融通の付けられる日で良かった。感謝。

土曜日。子供の熱は平熱に戻った。良かった、おとなしく過ごせば月曜日には大丈夫かな。…ところが、夫が体調不良を訴え始めた。

日曜日。夫の体調不良が本格化。子供も夜にちょっと熱が上がってきた。あれ?

月曜日。朝、夫の体調不良、深刻。子供も熱が出て、こども園休み。私も何だかのどが痛くて調子がおかしい。体が動くうちにと思って、家事を済ませた。が、昼前にはこんな状態に。




検査、というのは、家族全員が同じように発症した上、あまりにも急に高熱が出たので、インフルエンザを疑ったのだ。
この後、子供の熱は39.7度まで上がり、心配になって小児科に相談し、検査をお願いした。
そうこうしているうちに、私は久しぶりの高熱で殆ど動けない状態になってきたが、夫の熱が下がって、夫のインフルエンザ検査はキャンセル、かわりに子供を病院に連れて行ってもらった。
インフルエンザは陰性。熱が下がれば登園OKとのこと。良かった。

しかし帰宅後、もう高熱で寝る態勢になっていた私(夕食は用意して食べさせるのを夫に頼んであった)を見て、子供が納得せず大泣き。夫がなだめても泣いて泣いて食事を拒否しているのが、寝室まで聞こえてくる。仕方なく何とか起き出して、食べさせて、自分も食事を抜くのをやめてお茶漬けだけ食べて、寝た。
それでも夫が治ってきて、子供を見てくれるという安心感。ありがたかった。

横になっていると、ツイッターを見て心配した母から電話がかかってきた。
「多分大丈夫」、「いやいや」、等々のやりとりの末、結局、翌日は、電車で1時間強の距離にいる伯母が来てくれることになり、また、結局の結局、母も新幹線含めて7時間の距離を、翌日の夕方に来てくれた。

結果的には、二人の助けがあって本当にありがたかった。
子供は、その後も、熱が下がってはまた午後に上がるというのを繰り返し、検査の結果、細菌性の風邪だと分かって(何の細菌かまでは特定されなかったが)、抗生剤を飲み始めた。
結局、1週間、1日もまともに登園できなかった(2回、早退した)。
私もいったん下がってからぶり返し、夜に微熱が出ることが続いたため、子供と一緒に治さなければということで、病院で薬を処方してもらった。

それでようやく、日常に戻る方向が見えて、母も田舎に帰り、1週間が終わった。

ちなみに木曜日の発表は、子供を早退させて病院に連れて行って、母に見てもらいながら園の保護者懇談会に行って、再び母に見てもらいながら大学に行って、という綱渡りの中、何とか無事に終わった。Chairの先生にも事情を理解いただき、最後は少し早めに切り上げていただけた。

支えられている感謝を忘れぬよう、メモ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。