So-net無料ブログ作成

こんな週もある [育児]

家族そろって熱を出した。

木曜日に子供を迎えに行くと、保育士先生から「ちょっとお熱が」と伝えられた。帰る直前に微熱が出てきたらしい。
金曜日、朝から38度台。

実は私、次の木曜日に仕事上の重要な予定を抱えていた。
新しい所属先で、月に1回、領域の教員・院生が全員集まる公開研究会で、発表をすることになっていたのだ。

この日は、夫と半日ずつ交替することにした。夫が昼前まで一人で子供を見ている間に、私は大学で仕事。昼前に帰宅し、昼食をすませて、夫は研究所へ。
うん、よかった。半日とは言え、集中して、仕事ができた。夫が仕事に融通の付けられる日で良かった。感謝。

土曜日。子供の熱は平熱に戻った。良かった、おとなしく過ごせば月曜日には大丈夫かな。…ところが、夫が体調不良を訴え始めた。

日曜日。夫の体調不良が本格化。子供も夜にちょっと熱が上がってきた。あれ?

月曜日。朝、夫の体調不良、深刻。子供も熱が出て、こども園休み。私も何だかのどが痛くて調子がおかしい。体が動くうちにと思って、家事を済ませた。が、昼前にはこんな状態に。




検査、というのは、家族全員が同じように発症した上、あまりにも急に高熱が出たので、インフルエンザを疑ったのだ。
この後、子供の熱は39.7度まで上がり、心配になって小児科に相談し、検査をお願いした。
そうこうしているうちに、私は久しぶりの高熱で殆ど動けない状態になってきたが、夫の熱が下がって、夫のインフルエンザ検査はキャンセル、かわりに子供を病院に連れて行ってもらった。
インフルエンザは陰性。熱が下がれば登園OKとのこと。良かった。

しかし帰宅後、もう高熱で寝る態勢になっていた私(夕食は用意して食べさせるのを夫に頼んであった)を見て、子供が納得せず大泣き。夫がなだめても泣いて泣いて食事を拒否しているのが、寝室まで聞こえてくる。仕方なく何とか起き出して、食べさせて、自分も食事を抜くのをやめてお茶漬けだけ食べて、寝た。
それでも夫が治ってきて、子供を見てくれるという安心感。ありがたかった。

横になっていると、ツイッターを見て心配した母から電話がかかってきた。
「多分大丈夫」、「いやいや」、等々のやりとりの末、結局、翌日は、電車で1時間強の距離にいる伯母が来てくれることになり、また、結局の結局、母も新幹線含めて7時間の距離を、翌日の夕方に来てくれた。

結果的には、二人の助けがあって本当にありがたかった。
子供は、その後も、熱が下がってはまた午後に上がるというのを繰り返し、検査の結果、細菌性の風邪だと分かって(何の細菌かまでは特定されなかったが)、抗生剤を飲み始めた。
結局、1週間、1日もまともに登園できなかった(2回、早退した)。
私もいったん下がってからぶり返し、夜に微熱が出ることが続いたため、子供と一緒に治さなければということで、病院で薬を処方してもらった。

それでようやく、日常に戻る方向が見えて、母も田舎に帰り、1週間が終わった。

ちなみに木曜日の発表は、子供を早退させて病院に連れて行って、母に見てもらいながら園の保護者懇談会に行って、再び母に見てもらいながら大学に行って、という綱渡りの中、何とか無事に終わった。Chairの先生にも事情を理解いただき、最後は少し早めに切り上げていただけた。

支えられている感謝を忘れぬよう、メモ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

再開 [研究活動]

某RPD枠に、採用していただいた。
研究受け入れ先から、フルタイムで研究に従事することを証明する書類を出していただいたことで、昼間、子供を預けられるようになった。

始まる前は、いろいろな不安があった。子供から離れていいんだろうか、子供を預けて大丈夫だろうか、こんな自分に何の仕事ができるのだろうか、などなど。

始まって少し経った今、率直に、嬉しい。

深夜と早朝に家事をして、朝、子供を登園させる。子供は今も大抵大泣きする。
保育士の先生が抱っこしてくれてるから大丈夫! 昼間は笑って活動してるから大丈夫! と、預けて、受け入れ先の院生室に行く。
院生室か図書館を利用して、夕方まで、研究を進める。
今のところ、かつて研究に従事していた頃よりもよほど集中できていると思う。
子供もがんばってくれているのだから、という背景もあるし、夕方までの限られた時間だという意識もあるし、いつ何があって休まなければならないか分からないから、早めに進めなければ、という危機感もある。

夕方、子供をお迎えに行く。
母親スイッチが入る。
子供をいとおしく感じ、温かく語りかけることができる。
お恥ずかしい話だが、一日中一緒にいた頃は、日に日に自己主張が激しくなる子供に、煮詰まってしまって、冷たく対応してしまうことも多かった。
今でもあるが、ずっと楽になった。限られた時間を大事に、母親であろう、と思える。

平日は家では研究しない(できない)。

実際の所は、育児なしで研究している人ほど研究できていないし、仕事無しで育児している人ほど育児できていないと思う。どちらも中途半端だ。
でも自己比較すると、いまとても充実して幸せだと感じる。
研究も、誰かより立派にしようと思うのでなく、昨日の自分より進むことを大切にしようと思う。
子供も、昨日より成長していることに感謝しようと思う。

感謝

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。