So-net無料ブログ作成

津島神社のお祭り

2013年8月4日

故郷の近くにある、 津島神社 のお祭りに行ってきた。
たまたま、帰省がこのお祭りの期間(8月4日、5日)に重なったため、ずいぶん久しぶりに行くことができた。よく覚えていないが、子供のとき以来だ。

津島神社本殿は海岸からほんの少し先にある小島にあり、祭りの2日間だけ、橋板がかけられて渡ることができる[写真上段左]。普段は橋脚と欄干だけなので、通れない(地元の人[70歳前後]の話では、昔の子供たちは欄干を伝って勝手に島に渡ったりしていたとのこと。それで潮干狩りをしていたそうな)。

JR予讃線には、祭りの2日間だけ、「津島ノ宮駅」が設置され、普通列車が臨時停車する。人気が上がっているようで、1年に2日しか使われない駅舎は、ゆるキャラ風のラブリーな外観に仕上がっていた[写真下段中]。

午後5時頃、真夏の日がようやく傾く中、津島ノ宮駅に降りた。普段は下から見るばかりの橋、通過するばかりの駅に立つと、特別感がある。駅から橋への参道には、この日だけの屋台が並ぶ[写真下段左]。祭りのクライマックス、夜の花火大会には少し間があり、まだ混み合うほどの人出にはなっていなかった。

津島ノ宮は、子供の守り神として地元で有名だ。小さなお子さん連れの家族が続々と橋を渡り、本殿[写真上段右]でご祈祷をしてもらっていた。
地元の人の話によれば、元は子供と家畜の神様だったのが、農家に家畜(耕牛など)がいなくなるとともに、子供の守り神に特化していったという。
そういえば、以前、京都で、八坂神社(祇園)に元々祀られていた牛頭天王がいつの間にか姿を消していったという話を聞いた。なにやら、重なる。

Tsushima-fes2.jpeg

懐かしい磯の香りの中、海風に吹かれてお参りをし、帰りの列車の時間まで浜辺に降りて、静かなひとときを持つことができた。帰ってから このお祭りのウェブサイト を見ると、お祭り期間だけかかるあの橋を、近頃「しあわせ橋」とも呼んでいるという。確かに、ほんわり、しあわせ気分をもらったかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。