So-net無料ブログ作成

「来日公演中止」の報に思ったこと。

政治が絡む発言はするまい……と(最近わりと)思っていたのですが、

「中国西南秘境の声 雲南省プーアル少数民族歌舞来日公演」が中止になった
http://www.toho-shoten.co.jp/toho/saiji12-041.html

とのお知らせを見て、思い出したことなどを、少し。

中国の少数民族の知人がいます。
今回話題にするのは、中国政府による民族分類では「チベット族」ですが、チベット語ではない、少数派言語を話すエスニックグループの人たちです。

その一人に、息子が日本との交易をやってるんだよ、というおばさんがいます。

その縁で、家族で日本へ行こうと、申請をした。
ところが、なぜだか知らないけど、政府がパスポートを発行してくれない。
日本行きは、いまだに実現しないの。

そんな話をしてくれました。

一方、別の一人は、息子が歌舞団の団員、プロのダンサーです。
「日本にも行ったことがあるんだよ」と紹介してくれました。日本での公演に参加したとのこと。
「街がきれいだった。革靴で外を一日歩いても、磨かなくてよかったんだ」
息子さんは、きっと自由時間など無かったでしょうけど、何年か前に一度だけ行った日本の印象を、目を輝かせながら語ってくれました。

今回、順調に事が運んでいたら、パスポートを手にして国外へ出る体験をできたであろう人たちのこと、
同様の恣意的な行政で希望が叶わなかった人たちのこと、など、思うほどに残念です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。