So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

資源としての方言? [香川]

田舎に帰ると、方言を取り上げる企画をよく目にする。
地元に住んでいた20年ほど前よりも、見かける頻度が増えているように思う。

たとえば、新聞
「さぬき弁百科」っていう記事があった。
(2014年3月5日付『四国新聞』より)

shikoku20140305.jpg

ん……“すいとる”に「好きである」と「空いている」の「意味がある」、と?(同音異義では?)
でも細かいところはともかく、くすっとなるようなカラーイラスト付きで、この方言の話者でない人にも分かりやすく紹介されている。

こんな、地元レシピ紹介冊子でも、

jimotorecipe1.jpg

魚の方言名が紹介されている。ちなみにこれも同じ地元新聞社が作っている。

jimotorecipe_geta.jpg

私は高校卒業までしか地元にいなかったこともあり、魚の名称などこのへんの方言にはかなり疎い。
シタビラメとゲタって聞いたことある気もするけど同じ魚だったのかー、勉強になる。

新聞にせよ、レシピ冊子にせよ、標準語で書かれた文章の中でぽつりと方言が紹介される。
方言は標準語に対して少数派の言語ということになる。

少数派の言語をどのように扱うか。ざっくり3つの対応に分けて考えられると言われる。

“問題” → 多数派言語に同化させようとする
 (為政者が少数派言語の存在を非効率的でやっかいなものとみなし、消滅を是とする)
“権利” → 少数派言語を保持しようとする
 (話者が少数派言語をアイデンティティの一つとみなし、その保持を権利と考える)
“資源” → 少数派言語の活用ないし復興をめざす
 (少数派言語が活力を失って、希少価値を認められるようになる)

地方新聞を目にする人が全員地元方言の話者だったら、方言の紹介は記事にならないだろう。
実際に記事になっているというのは、その方言が相対的に力を失って、わざわざ記事にするだけの意義を持つようになっているということかなと思ったりもする。
相対的に力を失ったことの中身としては、オンラインを含む読者層の拡大だとか、伝統方言話者の減少だとか、考えられそうではある。未検証だけど。

しかしそれにしても、さっきのレシピ本、こんなのもあった。
地方名は“カキ”(または“ヒロシマガキ”)で標準名は“マガキ”……これはちょっとズルっぽいかなあ(笑)

jimotorecipe_kaki.jpg

小ネタ失礼いたしました。(そう、この記事を書こうと思ったきっかけはこれ)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年末年始コミュニケーション

年末年始の期間は、普段会わないメンバーとゆっくり話す機会でもある。

今回は、そんな中に、インターネットの情報でC国やK国が嫌いになってしまい、その国にまつわるものがみんな嫌になってしまった…という論調の人が複数いて、聞いていて暗い気持ちになった。

例えば外交や一部の商品などについてネガティブな印象が発生したとして、それを国籍で色分けして、その国に関わる人や物や文化を全否定するなんて、あまりに短絡的だ。インターネット上の言葉遊び的に盛り上がることはあっても、本気で同調する人が身近にいるわけがない……と、今まではどこか楽観していた。

しかし、現実は、想像したより短絡的だった。今回会った二桁の人のうち、少なくとも2〜3人については。

私の楽観も、ずいぶん一方的なものだったのだなと気付かされた。

また、そういった、凝り固まった人と向き合うには、心の遣いように特に工夫が必要、と気付く出来事もあった。

久しぶりに顔を合わせた新年の食事会、1つのテーブルでそんな短絡的な話題が盛り上がりかけたとき、1人が反論した。
その反論氏は、仕事の中で仕入れた知識を背景に、短絡氏を批判した。
二人はほぼ同世代だが、反論氏の方が年長。
反論氏が短絡氏の発言を咎め、短絡氏が納得せず、同じテーブルの人が短絡氏を擁護し、反論氏が納得せず…また反論氏が難解な喩え話を出し、短絡氏が誤解し…
議論が平行線のまま時間切れとなり、その場は散会した。

食事会後の短絡氏の反応は、
「正論かもしれないけど偉そうに言われてむかついた、もうあいつとは二度と口をききたくない」と……つまりは全くの単純な拒絶だった。

一時のこととは言え、せっかくの再会が……。

私はその議論がよく聞こえる席にはいたが、直接加わらなかったので、何も言えた立場ではない。

ただ、岡目八目的に学んだことは、“学者の議論”にもっと必要とされるコミュニケーション力みたいなものがありそうだ、ということだった。
つまり、正論や正しい知識の発信の仕方には、それを受け取ってもらうために、細心の気配りが必要であるらしい。それは一種のコミュニケーション力と言っていいと思う。

私も専門外の(前提知識を共有しない)人とのコミュニケーションを軽視しがちな環境に長くいたから、そのコミュニケーション力の全体像は分からないし、実践には遠く及ばない。
今後の努力目標として、今回気づいたことを覚えておこうと思う。
(ご覧になった方で、不備や追加すべき点にお気付きでしたら、ご指摘いただければ幸甚です)

・相手が理解できることから話す。難しい言葉で権威ぶらない。
・理解しているか確認するためにも、ゆっくり穏やかな口調で話す。
・誤った知識は訂正しても、相手の思いを否定しない。自分の知識を伝えても、自分の思いを押し付けない。
・自分の知識の不完全さ、考察の不十分さを自覚する。知らなかった知識を聞いたら受け入れる。
・相手を個人として尊重する。表面的な食い違いでなく、人としての信頼関係を意識する(口調のポイントにも通じる)。
聞き手は、いくつかの話を聞いたら、自分が信じたいところ(信じられる人の話)だけを信じるから、正しいことを正しく伝えるためにも、信頼関係は特に大切。


なかなか、これだけじゃまだまだ…というところだが、そろそろ肝心の伝える内容(専門知識)に戻るべきかもしれない(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年を振り返ってみる

2013年は、私にとって大変化の年だった。
職を離れ、家族同居の上で研究を続けることを選んだ。

職場で退職の意思を打ち明けたのは、年明け早々のことだったと思う。
まずは、同じ部署で中心になって働いていた先輩Yさんに。
私が辞めた場合、直接に最も負担が増える方だ。
こちらの状況を良く理解してくださっていて、いろいろな思いを抑えて、了解してくださった。
それから、同じ部署の別の先輩に、そして上司筋に、事務に、と、ひとつずつ順番に、手続きを進めた。

「行き先」を探し始めたのは、その少し前、2012年末だった。
転職先ではない。
研究を、家庭と両立しつつ続けることを希望していたが、条件に合う所に採用されることはなかった。
つまり転職先探しが失敗した後の話ということになる。
諦めたのは、専任の地位だった。
それで探し始めた「行き先」の条件は、最低限、研究ができるつながりを保つこと。
できれば、科研費の執行ができること。
さらに願わくは、非常勤などわずかでも仕事があること。
しかし、移転先は遠く、新しい土地で、一人ではなかなか見つけられないし、ひとに相談する事もためらうし、で、なかなか進まずにいた。
具体的に話が進んだのは、年が明けて、ちょっとしたきっかけで、思い切って出身校の先輩に相談してからだった。
その先輩は、親身にアドバイスをくださり、さらに、すぐさま具体的に助けてくださった。
移転先に近い大学の先生に、話をつないでくださったのだ。
結果的に、このとき紹介してくださったI先生の所が、新しい所属先になった。
(ほかにもいくつか打診したが、動き始めが遅かったこともあり、うまくいかなかった。)
(教訓としては、日本の研究期間での研究活動に次年度から参加させてもらうには、10月ぐらいには動き始めた方がいいということ。)
このとき、大学院時代の恩師も陰でご協力くださっていたことを、あとで知った。
さらに、受け入れてくださったI先生が学内で奔走してくださり、科研費も使わせていただけることになった。
その大学の規定では、原則として、無給の研究員は科研費申請資格が与えられないことになっていたが、特例として認める手続きを取ってくださったのだ。
恩師、先輩、受け入れ先の先生、この方々のご温情には、感謝してもしきれない。
また、このとき、結果的にうまくいかなかったけれど、何人もの方に相談に乗っていただいた。
お忙しいところに、急かつ虫のいい相談をしてしまったにもかかわらず、温かく対応してくださった。
人のつながりのありがたさを実感した。すべての関係の方々に本当に感謝している。

previoushome.JPG

3月末に、退職、引っ越し(これまた周りに助けてもらって何とか完了した)。
夫と2人だけの家族が、やっと一緒に暮らせるようになった。

最初のうちは、新しい生活のための手続きや整理に追われた。
それでも、研究に関しては、新しいつながりもでき、今までのつながりも切れることなく、続けることができている。
年内に3度の研究発表の機会があり、年明けにも予定が入った。
昨年度は1回しか発表できなかったことを思えば、何とも恵まれている。
科研費も使わせてもらっており、研究のために科研費が必要で科研費執行のために研究の進行が必要で……という循環の中に今はいる。

退職というのはずいぶん迷いもしたけど、今のところ後悔はない。
いったん夫の扶養家族になる、という選択肢があったからできた決断で、この状況にも本当に感謝している。

ワークライフバランスの問題を考えたとき、結局は女性の側が仕事を辞めるのか、という議論もあるかもしれない。
しかしうちの場合は、必ずしも妻だから辞めたというわけではなく、職場の状況など総合的な判断だった。
でもまあ、妻らしく夫の元に引っ越したと取られても、それはそれでいいかな、と、思っている。

恩師からのはなむけの言葉:
 研究はどんな立場からでもできます。
 その評価も平等に行われます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

津島神社のお祭り

2013年8月4日

故郷の近くにある、 津島神社お祭りに行ってきた。
たまたま、帰省がこのお祭りの期間(8月4日、5日)に重なったため、ずいぶん久しぶりに行くことができた。よく覚えていないが、子供のとき以来だ。

津島神社本殿は海岸からほんの少し先にある小島にあり、祭りの2日間だけ、橋板がかけられて渡ることができる[写真上段左]。普段は橋脚と欄干だけなので、通れない(地元の人[70歳前後]の話では、昔の子供たちは欄干を伝って勝手に島に渡ったりしていたとのこと。それで潮干狩りをしていたそうな)。

JR予讃線には、祭りの2日間だけ、「津島ノ宮駅」が設置され、普通列車が臨時停車する。人気が上がっているようで、1年に2日しか使われない駅舎は、ゆるキャラ風のラブリーな外観に仕上がっていた[写真下段中]。

午後5時頃、真夏の日がようやく傾く中、津島ノ宮駅に降りた。普段は下から見るばかりの橋、通過するばかりの駅に立つと、特別感がある。駅から橋への参道には、この日だけの屋台が並ぶ[写真下段左]。祭りのクライマックス、夜の花火大会には少し間があり、まだ混み合うほどの人出にはなっていなかった。

津島ノ宮は、子供の守り神として地元で有名だ。小さなお子さん連れの家族が続々と橋を渡り、本殿[写真上段右]でご祈祷をしてもらっていた。
地元の人の話によれば、元は子供と家畜の神様だったのが、農家に家畜(耕牛など)がいなくなるとともに、子供の守り神に特化していったという。
そういえば、以前、京都で、八坂神社(祇園)に元々祀られていた牛頭天王がいつの間にか姿を消していったという話を聞いた。なにやら、重なる。

Tsushima-fes2.jpeg

懐かしい磯の香りの中、海風に吹かれてお参りをし、帰りの列車の時間まで浜辺に降りて、静かなひとときを持つことができた。帰ってから このお祭りのウェブサイト を見ると、お祭り期間だけかかるあの橋を、近頃「しあわせ橋」とも呼んでいるという。確かに、ほんわり、しあわせ気分をもらったかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

今回調べた言語について、地図など

先月成都でやったフィールドワーク、主に調べてきたのは、四川省雅安市宝興県で話されるギャロン語の方言です。地図をこのブログに貼り付けられることに気付いたので、早速やってみました。この方言を話す人たちの住む場所、こちらです。

ギャロン語ヨチ方言



あと、道孚県(チベット語でタウ、スタウ語でスタウ)の中心地より少し上流で話されるスタウ語方言の話し手もいて、忙しい合間を縫って2日間ほど相手をしてくれました。この方言の話される場所は、こちらです。

スタウ語マズル方言



このスタウ語について、黄布凡という方の書かれた文法概説に出てくる、すてきな例文があります。「私は茶碗に毒を入れたのを忘れて、その毒を飲んだ(飲んでしまった)」という例文です。このとき、「私は○○を飲んだ」と普通に言うのとは、「飲んだ」の形が違うというのです。つまり、意図的か非意図的かで動詞の形が異なるという話です。
これ、(下に出てくる)ダパ語にも似た現象があります。

で、今回、せっかくなのでギャロン語で同じ例文を聞いてみました。
「私は毒を飲んだ」
「私は茶碗に毒を入れたのを忘れて、その毒を飲んだ」
……いきなり、縁起でもない文を聞いて、ごめんね。

結果、見事に、全く同じ形の動詞が出てきました。
ギャロン語は、この、意図的かどうかを動詞の形で区別することはないんです。
一方で、直接知ったか間接的に知ったのかを区別する形式はあるので、次の2つの状況では動詞の形が異なります。

「ツェリャンは茶碗に毒を入れたのを忘れて、その毒を飲んだ(私はそれが毒だとは知らなかった)」
「ツェリャンは茶碗に毒を入れたのを忘れて、その毒を飲んだ(私はそれが毒だと知っていた)」

場所も系統も近いけど、けっこう違う、と、確認できた話……でした。

さて、ダパ語を母語とする人も一人いるのですが、今回は忙しい時期に当たってしまい、1回会っていくつか質問しただけになってしまいました。また、この方は、実家でもあまりダパ語を話すことがなく、細かいところは自分でも自信がないとのことで、完全な話し手というわけではありません。この方の方言の故地はこちら。

ダパ語ダト方言



2001年頃から継続して調べていた、ダパ語メト方言(もう少し大きく括るとトゥニ方言)については、道孚県まで行かないと話し手に会えず、道孚県あたりは現在外国人が行くことができない状況なので、ここ数年、ほとんど教えてもらえていません。協力者さんたちが元気なうちに、また行きたいなあ……

ダパ語メト方言(トゥニ方言)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

成都(2013年5月):人と街

(今回見てきた人と街についての雑感メモです。調査については日を改めて書こうと思います。)

仕事を離れて1か月あまり。
行けるときに行こう、ということで、成都へ行ってきた。
主目的は、四川省西部の言語を教わることだが、当該地域はここ数年外国人の立ち入りが制限されており、直接行くことができないので、成都に住む母語話者に教わるというのを続けている。

成都は、2000年以降、毎年行っている街だが、ここ10年の町並みの変化はすごいものがある。去年9月は市中心部のぴかぴかの夜におどろいた。

chengdunight.JPG

今は、地下鉄の工事が進められている。
いつもお世話になっている西南民族大学の目の前が、ちょうど、工事中だった。これが3号線の一部らしい(1号線は去年から営業運転が始まっており、2号線もそろそろ開通した頃)。

chengdu201305.JPG

数年前には、「街は変わっても人は変わらないね~(良くも悪くも)」なんて笑っていたものだが、今回は、人も変わってきているように感じることがあった。

twitterにも書いた、スマートフォンで微信 (WeChat)。今回会った人たち(調査対象地域出身者=ほとんど“チベット人”、および、その周りの漢人たち)を見る限り、チベット語が使える iPhone の普及率がすごい。そして、ちょっとした合間にさっと出して画面を触る。

smapho.JPG

スマートフォンに限らず、「いい」と思うものがあればさっと手を伸ばす、そんな活力(もしかしたらバブル指向)を随所に感じた。たとえば、高級ホテルの中にできた日本料理店。華美すぎず、隅々まで清潔感があり、しっとりと落ち着いた雰囲気の店内。店員さんはほほえみながら柔らかく上品な口調で対応してくれる。「この店は静かでいいよね」と、招待者(高収入の漢人)が言い、主賓のチベット人(この方も高収入)も同意していた。同席した一人は、生まれも育ちも四川の人だが、「わたし、鰻が大好き」と、全く日本風の味付けの蒲焼きをぱくぱくと食べていた。「中国人は賑やかなところで豪快に食べるのが好き」「中国では細やかなサービスによる付加価値は大して好まれない」「四川人にとって味付けは麻辣(痺れる辛さ)じゃなきゃ」といった先入観はもはや古いのかもしれない。少なくとも“セレブ”な人たちは新しい価値を認め、求め、手に入れているらしい。

ribenliaoli.JPG

四川省内のチベット地域出身の学生は、“チベット人”ではあるが、「両親世代も、私たちも、普段お寺にお参りするということはないし、お経も知らない。地元のお寺の宗派もよく分からない」「実はチベット料理より四川料理の方が好き」「大学進学までチベット文字を習ったこともなかった」という。
これはもちろん、ここ数年の話ではなく、何十年かの変化。それでも歴史上十分に急激な変化には違いない。

四川の人々が持つ、のんびりと温かい空気は変わらない。この人と街の変化は、日本など遠方から訪れる人にとってはむしろ過ごしやすさにつながるくらいだろう。一方で、疾走して遠ざかる人を見るときのような、頼もしさの陰の寂しさやら不安やらを感じないでもなかった。


※本文中、引用符付きで“チベット人”としたのは、ギャロン人・スタウ人・ダパ人等、言語文化的にはチベットと区別すべきだが民族アイデンティティがチベット人である人々(チベット文化圏の人々)を含む、広義のチベット人を意味します。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ちりそめの桜

青空に桜、というのを、やっと見ることができた。と思った。

aozora_sakura1.JPG

aozora_sakura2.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花曇り

枝垂れ桜と染井吉野が仲良く見頃@立川

130324_0823~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

荷造りその一

やっとここまで……。

ここまでの経緯や所感についてはいずれ落ち着いたら書きたいところですが、
ともかく、今日、職場の身辺整理がだいたい何とかなりました。
学生さんが手伝ってくれたのだけど、その学生も私も腰痛持ちという中、がんばりました。

自分史上最大限いろいろなものを手放したつもりが、まだまだたくさんあるなあ……。

hikkoshi1.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

送別会

友人宅で総勢20名のパーティー

party2.JPG

卒業し日本で就職した留学生たちにも再会できた。

彼らは「アジア人財資金構想」で来日した、中国の一流大学出身の学生たちだった。
修士課程から日本の国費奨学金を受けることができ、日本企業への就職がサポートされるということで、プロジェクトの3年目、4年目には非常に優秀な学生たちが来るルートができ、日本における理工系の人材不足とも重なって、次々に一流自動車企業・関連企業に就職していった。
ちょうど、その頃の学生たちだ。
その後、このプロジェクトの国費による資金援助は終わり(事業仕分けで1年短縮)、彼らのような学歴の学生がうちの勤務先に来ることはなくなり、また、留学生への日本語サポート体制も一気に縮小されたのだけど。
(もちろん、出身大学がどこかで人物が決まるとは思わない。でも学生としてみると彼らは確かに優秀だった。日本語習得に対する姿勢もすごかった)
彼らに出会えたことは、いい体験だったなと思う。

「元気です」
「春節に2週間の休みを取りました!」「そんなことできる会社は少ないと思います」
「実は入籍しました」「えーっ写真見せて!」

学生時代以上に生き生きしている姿に再会できたことに、感謝。
またどこかで!

おまけ:持参物(がんばった)↓
iridori.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。